葉酸は男性にはどんな効果が期待できるの?

男性の葉酸摂取は、妊娠前までで良いと言われています。
女性とは違い、短期間の栄養管理で良いのですから、十分に葉酸を摂取していき、妊娠後は女性のサポートをしっかりと行っていくことが大切です。

 

妊娠前の葉酸摂取は、女性だけではなく男性にも求められています。

 

男性は、女性と違い、妊娠前までが勝負なので、
妊活中の葉酸摂取と、他の栄養もバランスよく取り入れた生活を心がけていきましょう。

 

男性の葉酸が不足してしまうと、元気のない精子が作られてしまい、
女性の葉酸が不足してしまうと、元気のない卵子が作られてしまうのです。
また、弱く壊れやすいので、不妊の原因にもなります。

 

男性の葉酸摂取は、妊娠前までで良いのですが、
普段からの健康を維持していくためにも、毎日葉酸は取り入れていくべきだと思います。

 

サプリメントを利用するまではいかなくても、
食事で葉酸を取り入れていくように心がけていきましょう。

 

女性は、妊娠前から出産まで取り続けていかなければならない栄養素なので、
栄養管理は引き続き行っていくことが大切なのですが、
男性は妊娠前までが勝負なので、管理が楽なのが良いですね!

 

男性は女性とは違い、短期間の栄養管理で良いのですから、
赤ちゃんのためにも妊活中は十分な栄養管理を意識し、葉酸をしっかりと取り入れていきましょう!

 

そして、男性は女性を支えて、元気な赤ちゃんを出産できる環境づくりやサポートをしっかり取り組んでいきましょう!

 

男性も妊活する時代!男性の妊活って何するの?

近年、女性だけではなく、男性も妊活を意識する時代になっています。
「妊活」と聞いて、一体何をすればよいの?と思う男性は多いと思います。

 

妊活は、これから赤ちゃんを授かるために準備をする期間のことで、夫婦で協力をして栄養管理や赤ちゃんについての知識、パパ・ママになる意識を高めていく期間でもあります。

 

男性には関係ないと思われてきた妊活ですが、実はとても大切な期間なのです。
女性だけではなく、男性も葉酸を意識して取り入れるようにしていき、栄養管理や体調の管理を徹底することが求められています。

 

男性が葉酸を取り入れることで、染色体の異常が劇的に少なくなり、丈夫で健康的な精子を作り出すことができるのです。
このことから、妊活は女性だけではなく男性も必要な期間で、葉酸を意識して取り入れて行かなければならないことを忘れてはいけないのです。

 

女性に比べて摂取量は半分程度ですが、葉酸が不足している男性が増えているので、規則正しい食生活や生活スタイルの見直しも必要です。
赤ちゃんを授かりやすくする効果もあるので、夫婦で協力してお互いの健康を気遣い、大切な期間を過ごしていきましょう。

 

夫婦で葉酸サプリメントを愛用しても良いので、無理なく継続して栄養管理を徹底していきましょう。

 

 

男性の妊活と葉酸の関係とは?

妊活というといまだに女性が勝手にすればいいくらいに思っている方も多いようです。一部の芸能人などは男性であっても妊活のために
休業宣言するといったこともあるようですが、まだまだ一般的な会社では男性の育児休業を認めているところは少ないようです。外国では
当たり前に男性でも休暇をとれているので、そういった面では日本の意識改革が遅れているという印象があります。

 

たとえ男性が長期休暇をとれなかったしてもできることはあります。
それは妻によりそってあげること。一緒に過ごせる時間は少ないかもしれません。外で働いている男性から見ると、家に一日中のんびりと
過ごしている妊婦さんは怠けているように思えるかもしれません。

 

しかし実際はそうではありません。まず妊娠初期はつわりがあるので食事も満足にできないこともあります。そして自由に外出もできない
で一人で家にこもっているので、周囲が思っている以上に孤独感を感じストレスがたまっています。子供が産まれたあとは、子供の世話に追わ
れて女性の楽しみであるおしゃれもできません。

 

ショッピングに行っても赤ちゃんが泣き続けると、周囲に迷惑がかかるのでまだ目的のものを見ている途中でも帰宅を余儀なくされています。

 

夜泣きもあるので夜もぐっすり眠れずにふらふらになっています。そんな妻の支えとなり、一緒に妊活を考えて二人で葉酸を摂取していくことが一番いいと思います。男性にも葉酸摂取がとても大事で、不足すると不妊になったり、
奇形児になったりといいことがないからです。ぜひ他人のこととは思わずに積極的に関わってほしいと思います。

 

妊活中は男性もお酒やたばこを控えるべき?

お酒とたばこは、妊婦が摂るとお腹の赤ちゃんに悪影響があることが知られています。
どちらも、依存性があるので、一度やめることができても、また再開してしまう可能性があります。

 

お酒とたばこを妻がやめることができるよう、一番身近な存在である夫が、たばことお酒をやめることで協力できます。
やめることは難しくても、妻の前では吸わない(分煙)、妊活中から飲み会を控える、家ではお酒を飲まないことはできると思います。

 

手の届く所にあって、禁煙・禁酒することは難しいものです。
妊活中ということは、いつでも妊娠する可能性があって、知らない間にもう妊娠しているかもしれない時期ということですよね。
まずは、妻がたばこやお酒をやめられるように、そして、受動喫煙を避けられるように、妊活中から夫も控えて欲しいなと、思います。

 

たばこの害とは?

男女問わず、たばこがおよぼす悪影響には次のようなものがあります。
肺・喉頭・口腔・食道・リンパ節に悪性腫瘍ができる可能性が高まります。
動脈瘤・動脈硬化症・脳血管疾患・冠動脈疾患・慢性閉そく性肺疾患・白内障・骨粗しょう症を発症する可能性が高まります。

 

妊娠中の喫煙・受動喫煙の害とは?

不妊率を増加させ、子宮外妊娠発生率を高めます。血液中のニコチン濃度が高くなればなるほど、自然流産率が高まります。切迫早産を起こす可能性も高まります。
胎児、出生後の子どもに、口唇裂・口蓋裂・先天性心疾患・手足の欠損・腹壁破裂・低出生体重児・死産・乳幼児突然死症候群・肥満・高血圧・糖尿病などを増加させます。

 

ここまであげられると、もう妊活中の妻の前でたばこを吸う気は無くなるはず!

 

では、妊娠中のアルコールの害とは?

妊娠中のアルコールは、生まれてくる赤ちゃんに、胎児性アルコール症候群(顔面の形成不全、発育の遅れ、中枢神経系の障害)という先天異常を引き起こす可能性があります。
胎児性アルコール症候群には、治療法が無く、少量のアルコールでも、妊娠中のどの時期でも、この病気を引き起こす可能性があります。
妊活中からお酒を飲む習慣をやめることで、胎児への害を防ぐことができます。

 

また、胎児性アルコール症候群の基準のすべてを満たさない場合であっても、行動や認知の異常・心臓、腎臓、骨、聴覚の障害といった症状がみられることがあり、胎児性アルコールスペクトラム障害と呼ばれます。
成長に伴って、学習面の遅れや衝動をコントロールできず対人関係に困難を伴うことが起こりえます。

 

妊娠と気付く前の飲酒もその時期の胎児の発育に影響し、それが大量飲酒であれば、胎児性アルコール症候群や流産の危険性が高まります。
どのくらいのお酒の量であれば安全、という日本人対象の研究結果は無いため、妊娠中・妊活中は禁酒することが一番安全と言えます。

 

ここまでたくさんの病気の可能性を知ってしまうと、お酒やたばこを楽しむ気持ちは失われてしまったのでは。
少なくとも、妊娠の可能性がある妻の前でお酒やたばこを楽しむ気持ちにはならないですよね。

 

妊活中は、何よりも妻とまだ見ぬ赤ちゃんのために、お酒とたばこは家の中に持ち込まないのが一番安全だと思います。
妊娠が確実になったら、妻もお酒やたばこを楽しみたくならないように、やはり妻の前ではたしなまないのが良策ですよね。
出産後もやはり、家の中でお酒やたばこはやめた方が良いのです。

 

それは、乳幼児は何でも口に入れてしまうからです。
小児科クリニックで看護師をしていた時、何人も、たばこを食べてしまった乳幼児の胃洗浄に立ち合いました。とても苦痛を伴う処置で、赤ちゃんや子どもが泣き叫ぶ姿は本当にかわいそうでした。

 

お酒も、最近はお酒かジュースか分かりにくいラベルの物が増えてきましたよね。抵抗感が無くなって、口にしやすいと思います。
親しい人が普段飲んでいる姿を間近に見ていると、飲酒に抵抗が無くなると言われています。
その点でも、お酒を子どもが飲んでしまうことが起こりやすく、急性アルコール中毒になる危険性があり命に関わります。

 

家庭の中に、妻や赤ちゃんにとって害になるものを持ち込まないのが一番で、その期間は産後から子どもが成長するまでずっと続くと考えると…。
もう、妊活中から家庭では禁煙・禁酒する習慣を身につけてしまった方が楽かもしれないですね。
そして、それは自分の健康にもつながります。良いことづくめですね!

 

妊活中の男性が気をつけるべきことは?

妊活は妊娠したい夫婦が行うもので、これは女性だけがするものではありません。どちらかだけが頑張っても効果は薄いと思います。やはりパートナーの協力も必要ですね。
日本では不妊に悩むカップルが6組に1組だと言われています。女性側に原因がある不妊もありますが、実は半分近くは男性にも原因があると言われています。
そのため男性も妊娠しやすくするための妊活習慣を身につける必要がありますね。男性不妊の原因のほとんどが精子に問題があるために起きるそうです。精子も卵子と同じように
加齢とともに老化していくため、精子の形態異常や運動率が悪くなったりするのです。あとは過度なストレスや内科的な病気が関係して勃起障害や射精が不完全になったりと性交を
行うことが難しくなる場合があります。こういった傾向も不妊に繋がりますね。

 

では男性はどうゆうところを気を付けたらいいでしょうか?まず大事で簡単に出来ることがあります。それは「温めないこと」です。
女性は冷やしてはいけない、温めたほうがいいと言われますよね。でも男性の場合は逆です。実は精子は高温に弱いと言われているのです。
体温より少し低い33℃~35℃を保つのがベストだそうです。
そのためサウナや長風呂などで精巣を温めてしまうと、精子が弱ってしまい妊娠率が下がってしまう可能性があります。
あとは電気機器の熱もあまりよくありませんので、ノートパソコンを膝に乗せて使ったり携帯電話を体に密着させておかない、ポケットにいれておかない
など気を付ける必要があります!
あとは下着などでしめつけるのもNGです。精巣を圧迫させる自転車やバイクに長時間乗るのもあまりよくありません。

 

あとは基本的なことですが、慢性的な疲労や運動不足は精巣の血流が低下してしまい元気な精子を作ることができなくなるので、血流を改善させるために
ウォーキングなどがおすすめです。あとは男性ホルモンの分泌を増やすには筋トレが効果的です!スクワットなら自宅でもできますね。
次に食事ですが、造精機能を高めて精子の運動率を上げる食べ物を積極的に摂りましょう。良いと言われているのが亜鉛です。1日10g~20gが目安です。
牡蠣や豚レバー、牛肉、卵黄などが亜鉛を多く含んだ食べ物です。

 

その他に精子の老化を防止する食べ物があります!それがビタミンEを含む抗酸化食材です。かぼちゃやアボカド、ホウレンソウやナッツ類、大豆やごま油
ウナギやサンマなどに多く含まれています。
これらの食品は、妊活中の女性にも積極的に摂ってほしい食品なので、夫婦で一緒に同じ食材で食べることができますね!

 

いかがでしたか?妊活は女性だけの問題ではなく、男性も女性と同じように生活を見直したり食事を見直す必要があります。夫婦で一緒に頑張って
妊活をおこなうことで結果も出やすいのではないでしょうか?
女性だけが頑張っても、どうしてもうまくいかない場合もあります。先ほども述べたように不妊の原因が男性側にある場合だと、女性がいくら妊活しても
結果は出ないかもしれません。
男性は、病院などに検査に行くことには抵抗があるかもしれませんが、最初に述べたように、温めたり締め付けたりしない!のは意識をするだけで
誰でもできることだと思います。サウナが大好きな人や熱いお風呂が好きな人には少し辛いことかもしれませんが、せめて性交をする少し前はサウナや熱いお風呂を我慢しましょうね!

 

 

更新履歴